So-net無料ブログ作成
検索選択

ネット選挙の現場 「県内ブログの上位にランク」自民党・高野光二郎氏 高知(産経新聞)

 高知選挙区(改選数1)では立候補予定者4人ともホームページなどで日常の活動を紹介しているが、浮動票獲得に向けた戦術については「これから検討したい」という陣営が多い。

 「ネット選挙」に最も力を入れているのは自民新人の高野光二郎氏の陣営。後援会の若手会員の意見を取り入れ、ホームページの背景などを刷新。高知県内のブログランクにも登録し、以前は50〜60位だったのが、10位前後まで上昇した。陣営は「アクセス数が増えており、今後も修正を重ねたい」としている。

 共産新人の春名直章氏はブログを毎日のように更新し、活動内容を紹介。雨の中で街頭演説を行った際には、その動画を取り込んでいる。陣営は「日々の活動をできるだけ多くの人に伝えたい」という。

 無所属元職の田村公平氏もホームページとブログが中心だが、支持者に年配の人が多いこともあり、「どこまで効果があるか不明な点も多い」(陣営)。ツイッターについては「問題が多いのでやらない」という。

 民主現職の広田一氏の陣営は「(ネット選挙の)重要性は分かっている」としながらも、スタッフの人員や「基本は1人でも多くの人と対面する」という選挙戦術からなかなかネット戦術まで手が回らないという。「ホームページの活動報告でブログの代わりにしたい」。

【関連記事】
政治家もネット力大切 ツイッターなりすまし
ネット選挙解禁、会期延長なければ「白紙」
ツイッターで民主党参院議員16人のなりすまし出現
ネット解禁でも「投票に行かない」という若者のつぶやき
【メディアと社会】安易な「タレント」候補擁立の危うさ 渡辺武達
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

菅首相の所信表明詳報(4)「『強い経済』『健康大国』…の実現」(産経新聞)
部門会議で政策提言=「政調」復活、組織案固まる―民主(時事通信)
<京急>59歳男性駅員が不正乗車 1年余り(毎日新聞)
「悲しみの中にも希望が」=岩手・宮城内陸地震2年で追悼式(時事通信)
横山裕一「ネオ漫画」の世界にどっぷり浸る(Business Media 誠)

菅首相が誕生=官房長官に仙谷氏―「枝野幹事長」を検討・組閣は8日(時事通信)

 民主党の菅直人代表(63)は4日午後の衆参両院本会議で、第94代、61人目の首相に指名された。これを受け、菅氏は党役員と閣僚人事の調整を本格化させ、内閣の要となる官房長官に仙谷由人国家戦略担当相の起用を内定した。参院選を指揮する党幹事長には、枝野幸男行政刷新担当相の起用を検討している。菅氏は7日に両院議員総会を開いて党役員を決定。組閣は8日に行い、同日中に菅内閣を発足させる方針だ。
 菅氏は4日午後、仙谷、枝野両氏を党本部に呼び、人事構想について話し合った。菅氏は、小沢一郎前幹事長に近い議員は主要ポストに起用しない考えだ。
 仙谷、枝野両氏は小沢氏と距離を置く議員の代表的存在で、1996年の旧民主党結党時から菅氏と行動を共にしてきた。菅氏としては、政権・党運営に対する小沢氏の影響力を弱めるとともに、「政治とカネ」の問題にけじめを付ける姿勢を明確に示す狙いがある。
 ただ、小沢氏批判の急先鋒(せんぽう)である枝野氏の幹事長起用に対しては、小沢グループの反発を招きかねないとして、菅氏の周辺にも慎重論がある。
 閣僚人事ではまた、野田佳彦財務副大臣の財務相への昇格や、福島瑞穂社民党党首が務めていた消費者担当相への蓮舫氏の起用が取りざたされている。菅氏側近の荒井聡首相補佐官の入閣も有力だ。
 菅氏は4日夕の記者会見で、人事について「首相官邸、内閣の一体性、党の全員参加を念頭にしっかりした体制をつくりたい」と強調。小沢氏に近い議員の処遇は「選挙が終わればノーサイドだ。適材適所でいろんな意見を聞いて進めたい」とし、樽床氏の処遇については「どういう役割がふさわしいか検討している」と語った。 

クールビズ閣議 批判の中「かりゆし」(毎日新聞)
「今後も県外移設の努力必要」 普天間移設で首相(産経新聞)
池波正太郎生誕地で清掃 台東区浅草(産経新聞)
<CO中毒>父子が死亡 車内で練炭使い焼き肉?名神PAで(毎日新聞)
幸夫人「厳しい決断だった」…鳩山首相退陣表明(スポーツ報知)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。