So-net無料ブログ作成
検索選択

本家・具だくさん「中華系ラー油」が人気 横浜中華街(産経新聞)

 横浜中華街(横浜市中区)で、中華系ラー油がじわじわと人気を集めている。桃屋(東京都)が「そのままでも食べられる」と銘打って昨夏に発売した、フライドガーリックやオニオン入りのラー油がヒットしたのを皮切りに、具だくさんのものがはやっていることが背景にあるようだ。

[フォト] エスビー食品は“ぶっかけるラー油”を発売

 中国や台湾のラー油はもともと、唐辛子やネギ、豆鼓(とうち)(大豆を発酵させたもの)などさまざまな具が入っており、いわば具だくさんラー油の本家本元。具によって味や辛さ加減のバリエーションも豊富で、ラーメンや煮物、ごはんにそのままかけるなど、料理を自分好みにアレンジできる。

 横浜中華街にある四川料理店「京華樓」特製のラー油「香辣脆(シャンラーツェイ)」を販売する中華食材店では、商品を「食べられるラー油」と書いた広告と一緒に並べたところ、1日の売り上げがそれまでの倍以上の20〜30個まで増えたという。

 中国、台湾のラー油数種を取り扱う別の食材店「中国貿易公司」は「打倒!桃ラー(桃屋のラー油)」のポップを掲げて日本メーカーに対抗。店長の久米裕之さん(37)によると、「日本人のお客さんに『桃屋と似たようなのない?』と聞かれるようになった」と話す。

 これまでは、中華系の人や中華料理店の客が多かったが、今月初旬あたりからごく普通の日本人客が買い求めていくようになったという。売り上げ個数はまだ確認していないがよく売れているという。

 「香辣脆」は、唐辛子のほか、ネギ、ピーナツ、牛挽肉、ショウガ、ニンニクなどが入っている。見ためは真っ赤だが、食べると不思議と刺激は少ない。ごまの風味が豊かで具も歯応えがある。中には辛くて刺激が強いものもあるため、購入時は確認が必要だ。

【関連記事】
“ぶっかけるラー油”桃屋の牙城にエスビー挑む
食ってみた「1万円ラーメン」! ついに明かされたそのスープの秘密
長野県民は激辛ラーメンを食べる選択をするのか?
具入りラー油 辛さの中に光る食感
「浜松ギョーザ」50円差で宇都宮に惜敗

事業仕分け 調査員の1年生議員、力量試される?(毎日新聞)
「首長新党」と連携も=前原国交相(時事通信)
舛添氏除名の方向=谷垣氏「規律乱す行為許せぬ」−自民(時事通信)
【大人の社会見学】造幣局 ハイテク機械と秘蔵貨幣にため息(産経新聞)
<AED>救急車で作動せず 男性死亡 大阪(毎日新聞)

ネットオークションで偽情報を売った男を詐欺容疑で逮捕 岡山県警(産経新聞)

 インターネットのオークションサイトで偽情報を販売し、現金約116万円などをだまし取ったとして、岡山県警玉野署は15日、詐欺容疑で横浜市神奈川区沢渡の無職、小佐野秀史容疑者(40)を逮捕した。同暑によると「だますつもりはなかった」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は昨年10月ごろ、ネットのオークションサイトで「3分で50万円稼げる」と銘打った情報を3980円で販売し、購入した岡山県玉野市の無職女性(37)に「アンケート会員になれば金が稼げる」などとして、会員登録料などの名目で現金約116万円と、ビデオカメラ1台(約10万円相当)をだまし取ったとしている。

 県警によると、小佐野容疑者の口座には昨年7〜12月の間に約20人から約1400万円の入金があったといい、経緯について慎重に捜査する方針。

【関連記事】
詐取金でマンション購入 容疑の組員ら逮捕
「ノルマが達成できない」「半年後に返す」… 宝石販売詐欺容疑の女3人逮捕
業者との慣例「裏金システム」にメス 神奈川県の不正経理問題
不正経理問題 神奈川県元職員3人逮捕へ
AKB48イベントで複数の偽造握手券見つかる

<神埼市長選>松本氏が再選 佐賀(毎日新聞)
貧困ビジネス封じ込め、大阪市が申請者囲い込み(読売新聞)
<訃報>高井岩男さん77歳=元住友精密工業社長(毎日新聞)
参院選 タレントの岡部まり氏 出馬会見へ 大阪選挙区(毎日新聞)
21日に党首討論(時事通信)

社会福祉法人経営の問題点を指摘―東京都の経営適正化検討会(医療介護CBニュース)

 東京都の社会福祉法人経営適正化検討会は4月8日までに、都内の社会福祉法人の経営状況について分析し、その問題点を指摘した「中間のまとめ」を発表した。それによると、経営に問題を抱えた法人では、運営や資金繰りの状況を把握できないほど形骸化した法人本部や、法人の資産を流用する経営者も見られたという。今後、都では法人関係者を集めた研修を実施するなどして、問題の解決を目指す。

 東京都によると、2008年度に社会福祉法人に対して指導検査を実施した総件数は250件。最も多かった内容は「経理事務処理が不適切」(78件)で、次いで「理事会等の開催が不適切」(44件)、「定款が不備または実態と不一致」(25件)となっている。

 こうした状況を受け、同検討会では都福祉保健局指導監査部と協力し、都内の社会福祉法人の経営状況について改めて分析した。その結果、「計画的な人材育成が実現できず、利用者サービスの質が低下している」「職務内容が不明な常務理事など、職名と業務の関連が疑われる役員が存在」「経営の公正性や透明性が確保できておらず、職員やサービスの質が確保できていない」などの問題の抱える法人が確認された。中には、「法人の資産と、個人の資産・債権が混同されている」「法人本部はあっても運営状況や資金繰りを掌握できていない」といった例もあった。

■「法人間の差が拡大」と都 

 同部の村田由佳指導調整課長は「一方で、極めて良好な経営を手掛ける法人も多く、問題を抱える法人との差が拡大している。今年度以降、理事会や法人本部の関係者を対象とした機能強化研修を実施するなどして、その差の解消に努めたい」と話している。


【関連記事】
社会福祉法人の経営適正化を推進‐東京都
社会福祉法人の管理などで説明―社会・援護局
社会福祉法人、「加算取得に医療法人と差」―全国老施協・中田会長
介護保険サービスへの監査が急増−東京都
社会福祉法人の合併、07年度は9件

銃声 連続発砲か 福岡県大牟田市の住宅2カ所で(毎日新聞)
タイで銃撃の村本さんの遺体、家族のもとに(読売新聞)
<普天間移設>県外移設の検討 平野長官も明言(毎日新聞)
ポーランド大統領死亡で弔電=鳩山首相(時事通信)
<原子力白書>核不拡散など課題 初の「ですます調」記述も(毎日新聞)

<短歌>寺山修司賞など決まる(毎日新聞)

 中堅男性歌人の作品を対象にした「第15回寺山修司短歌賞」(砂小屋書房主催)が2日、真中朋久さん(45)の「重力」(青磁社)に決まった。中堅女性歌人対象の「第6回葛原妙子賞」(砂小屋書房主催)は川野里子さん(50)の「幻想の重量−−葛原妙子の戦後短歌」(本阿弥書店)が選ばれた。

 授賞式は5月28日、東京千代田区の如水会館で。

改正雇用保険法が成立、派遣の失業給付に配慮(読売新聞)
平野長官と沖縄知事会談、普天間政府案を伝達(読売新聞)
<マンガロード>石ノ森キャラ、新たに11体 サイボーグ全員そろう 宮城・石巻(毎日新聞)
<傷害容疑>受験会場で隣席の受験生に暴行、少年逮捕 福岡(毎日新聞)
放鳥トキ 佐渡で産卵を確認 自然界では31年ぶり(毎日新聞)

雑記帳 西原理恵子さんと少女漫画の大御所が「画力対決」(毎日新聞)

 本紙連載「毎日かあさん」の作者、西原理恵子さんが京都市内で4日、少女漫画の大御所、竹宮恵子京都精華大マンガ学部長との「画力対決」に臨んだ。

 京都国際マンガミュージアムで開催中の「西原理恵子博覧会」での催し。2人が「せんとくん」や「北斗の拳」など与えられたお題を次々と即興で描き、出来栄えを競った。

 竹宮作品が完成する度、会場からは「おーっ」と感嘆の声。だが西原作品には「似てない」「ひどい」と笑い声が起き、対決前、ブログに書いた「アウェー気分」が現実に。【広瀬登】

【関連ニュース
毎日かあさん:第6巻「うろうろドサ編」 描き下ろし付きで26日発売 DVDプレゼントも
西原理恵子:「ボスキャラ登場!」浦沢直樹と画力対決 3月ビルボードライブ東京で
西原理恵子:「働いてきてよかった」 渋谷で25年を振り返る「バラハク」
毎日かあさん:特番「スナックかあさん」 ジャガー横田、吉岡美穂と西原さんが子育てトーク
浦沢直樹さん:ケンヂの曲を披露 ビルボード東京でギターライブ 西原理恵子さんと画力対決

学習塾に1億円賠償命令=講師が女児殺害、使用者責任認める−京都地裁(時事通信)
新党結成へ「5人確保」=関係者(時事通信)
相模原市、19番目の政令指定都市に(産経新聞)
<窃盗>ガソリンスタンドで金庫破り 700万円盗まれる(毎日新聞)
<南房総市長選>石井氏が無投票再選 千葉(毎日新聞)

連合静岡会長が小沢氏に辞任求める 「支持率下げの最大の要因」(産経新聞)

 連合静岡の吉岡秀規会長は31日、静岡市内で記者会見し、民主党の小沢一郎幹事長が7月の参院静岡選挙区(改選2)で2人目の同党公認候補擁立を決めたことについて、「小沢幹事長自身が覚悟して(幹事長)辞任とセットで出してくれれば2人擁立を真剣に検討していく覚悟がある」と述べ、小沢氏の対応を強く批判した。民主党を支持する連合の地方幹部から、小沢氏の幹事長辞任を求める声が公然と上がったのは初めて。

 吉岡氏は「民主党にはまだまだ期待を持っている。落ちた支持率を上げてほしい。ここまで下がった要因は政治とカネ、小沢幹事長の問題がある」と指摘。そのうえで「支持率を下げている最大の要因を取り除かない限り、競り合いで票を伸ばすという(小沢氏の選挙戦術の)意味がわからない」と批判した。

【関連記事】
谷垣総裁「不祥事に民主党は誰も責任を取らない」
郵政決着、小沢流戦術が影響 参院選にらみ「郵政票」に軍配
民主・渡部氏「首相と谷垣氏、決定権なくかわいそう」
「1人区は自民と血みどろの戦い」 参院選で小沢氏
地方から反小沢? 民主静岡県連が参院選で「2人目擁立は困難」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

北ガス、担当者2人に罰金刑=元支店長らは不起訴−14人死傷ガス漏れ・釧路簡裁(時事通信)
「党は崩壊寸前」 自民5議員、著書で世代交代要求(産経新聞)
東京都議会、築地移転予算案など可決(産経新聞)
花会式前にお身拭い 奈良・薬師寺(産経新聞)
首相「数日のずれ、大きな話でない」 普天間政府案の月内とりまとめ(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。